子宮頸がんは、発がん性のHPV(ヒトパピローマウイルス)が原因で、性交渉で感染するといわれています。

ワクチンを10代の早い時期に接種することで、子宮頸がんの予防ができます。


 小学校6年生から高校1年生まで

初回接種から1カ月後と6カ月後の3回接種します[サーバリックス2価の場合]

 

 

ご予約はお電話にて承っております